時代の変化とともに変わりゆくシールラベル

topics

シールラベル作成機に頼らない今の時代

シールラベル作成機とは? たくさんの書類を扱う会社での作業において、欠かすことができないのが、それぞれの資…

read

シールラベルを作成する際のポイント

エクセルでシールラベルを作成するメリット シールラベルは家庭や会社で使用する事が多いですが、実際に作り方が…

read

素材を知ってうまく活用しよう

シールラベルは案内人 文具用品や書類用ファイルを分類したい時、ノートにタイトル書きをしたい時、こんな時シー…

read

シールラベルの歩み

書類や小物の分類にとても重宝なシールラベル。オフィスだけでなく、日常生活の中にも多く取り入れて活用しているという方も多いのではないでしょうか。このシールラベルも、もともとは事務用品の中の一用具という位置づけであったこともあり、文具店で見かけるスタンダードなタイプは、白基調の紙製のシールで、長方形の真四角というやはり飾りっ気よりは実用向け重視というもの。ただ、事務用品としてのシンプルなシールラベルであっても、そのサイズや種類は様々です。
昔であればB5サイズの大学ノートやクリアファイルにちょうど合う感じの大きすぎず小さすぎずのサイズが主流でしたが、今はさらに一回り大きな大判の物から、スタンダードのサイズから1段階、2段階とサイズダウンされた小ぶりなものまであります。形はスタンダードな長方形のままですが、小さなものであれば鉛筆やボールペンの後ろに貼りつけるのにちょうどいいサイズや、あるいは細長いサイズで、タイトルは長く書けるけどラベルの面積はあまりとらずに済むというタイプの物も。
事務用品の中で使われていたものが、これ便利かも、と日常の生活の場面の中に入っていき、その中でいろいろなニーズが生まれて変化してきたからでしょう。小さなシールラベルであれば、B5より小さなメモ帳の表紙に貼ってもバランスがとれるし、子供の幼稚園グッズの名前書きにも使えます。
どっしりと大きなシールラベルでなく小ぶりなものであれば、タイトル書きに使っても、いかにも事務用品!と言う感じが薄れるのでしょう。逆に今は書類サイズがA4の物が主流になり始めたので、大判サイズのものであれば、A4ファイルに使ってもちぐはぐな感じになりません。シールラベルといえども、時代と生活のニーズの中で大きく変貌を遂げているのだということがよく分かりますね。

シールラベルでイメージアップ

シールラベルの種類は数多くあります。商品に使われているシールラベルは、その商品のイメージアップに繋がります。何もデザイされていない無色透明な箱に、中に入っている商品のイメージに合ったシールラベルが使われていると、より一層中の商品イメージが良くなります。良く見かけるものとしては、スーパーなので売られているお刺身やお寿司などです。
シールラベルが貼られていなくても、十分に美味しそうですが、さらにシールラベルが貼られていると、さらに美味しく感じて購買意欲をそそられてしまいます。魚の説明だけではなく、シールの色やデザインによってもイメージが良くなります。また、様々なイベントに合わせたシールデザインを貼ることによって、よりイベントのごちそうのイメージになっています。シールラベルは企業用のものだけではなく、個人でも多く使われています。
子供たちが使うシールラベルは可愛いものが多く、大人の女性にも人気がありそうです。ちょっとした贈り物にもオシャレで可愛いシールラベルを使うことで、贈る物をさらに素敵に演出できます。ケーキなどもシールラベルがあることで、より一層美味しく感じることができます。さまざまな商品のイメージアップやイベント作りに、シールラベルはいろいろなシーンで大活躍しています。

会員登録をしていただいた方は、ご注文商品の合計金額から5%分をポイントとして還元します。 シール・ステッカーの作成も分かりやすくナビサポート!どなたでも簡単に注文できます。 速達メール便にて無料サンプルも発送しております。 リピート率91%、顧客満足率98%の高リピート率で信頼・安心の印刷通販! 印刷通販のデジタはシール印刷を専門に、高品質・短期間・低価格で提供しています。 シールラベルの印刷ならこちらのサイトへ